ワキガは汗腺からの分泌ものと細菌が交じり異臭を放つ

ワキの抜毛をした直後、ワキに汗をかき易くなったり匂いが気になるようになった、という人もいるそうです。

しかし、大体、脱毛すると汗腺も閉じ、汗をかきにくくなることが多いといわれています。
もともとワキガだった人も、脱毛することで異変が抑えられる効果があると考えられています。

それなのに、抜毛後にわきの匂いが気になってしまう人がいるのは、なぜなんでしょう?

ワキガの素因

ワキガは正式には「腋臭症(えきしゅうしょう)」といいます。
鼻につく匂いがポイントで、海外では珍しくない異変ですが、日本人には少ないので非常に引け目になることが多いみたいです。

ワキガの原因は、主にアポクリン汗腺という、ワキにある汗腺から分泌される汗です。
脂肪やタンパク質を含むこの汗が表皮の常在細菌によって分解されると、非常に硬い模様を発生させるのです。

ワキガの匂いが著しい人は、アポクリン汗腺が多い慣習と考えられます。
わきの下を清潔に保ったり、風通しの可愛い衣裳を心がけたり、わき用のクリームなどで模様を抑制することができます。

根本的なケアとなると、汗腺を除去する施術やボトックス注射というやり方があります。

抜毛とワキガの系

では、抜毛をするとワキガに陥るのでしょうか。
受け答えは、「ストップ」です。

もともとワキガの臭いというのは、汗腺からの分泌ものと細菌が交じり、それがわき毛と絡み合い激しい匂いに変わるものなんです。
わき毛がなくなれば、匂いは多少改善されるのが普通です。

抜毛後にわきが臭うようになったという人のほとんどは、汗が匂っているのだと考えられます。
脱毛したことでわきにキモチがいくようになり、汗や模様が気になることで、さらに汗をかき易く上る、という悪循環になっているかもしれません。

また、抜毛後に残った毛孔に皮脂などが残り、それが酸化して臭っておるというケースもあります。
この場合、自分で毛孔の変色を搾り押し出すか、専門医に毛孔を広げて味わうという方法があります。

いずれにせよ、一時的なもので一気に治りますので、あまり心配する必要はありません。
脱毛したらワキガに変わる、というのは手落ちなのです。
脱毛ラボ 五反田店